読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が日々感じる事。

心に残った事を集めてみました。きっと今の乾いた心にしみる何かがあるといいですが。

納得出来る天然水ウォーターサーバーの選び方とは!?

天然水とはどんなものなのか?

天然水」といっても、 インターネット上では様々な情報が有り、「自然に流れている水」をイメージさせるものがあったり、「人工的に作られている水」 を「天然水」 として紹介していたり、「天然水」 とはいったいどういう定義なのかが分からなくなる時があります。

 

ここでは、「天然水」という言葉を、農林水産省の「品質表示ガイドライン」※1に沿ってご説明して行きたいと思います。天然水ウォーターサーバーとして、安全性の立証が確立されている水のご説明をさせて頂きます。


(※1農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」)

 

では、品質表示で使われる「天然水」とは「自然に流れている水」とどう違うのか?が気になるところです。

 

実は「天然水」にはいくつか種類があり、まず販売される前の採取は1ヶ所の水源に限られ、販売するまでの過程で他に採取した水とブレンドしないという約束事があります。また、「採水後に何も手を加ないもの」と「採水後に人の手を加えたもの※2」の2つに大別出来ます。


(※2 ろ過・沈殿・殺菌を指します。これ以外の手を加えたものは「天然水」という表記は出来ません。)

 

「採水後に何も手を加ないもの」を「ナチュラルミネラルウォーター」と呼びます。それ以外のものを「ナチュラルウォーター」と呼びます。「天然水」 という品質表示が許されているのはこの2つだけです。

 

厳密には、天然水ウォーターサーバーとして「天然水」と言えるのはこの基準に沿っているものだけです。

 

では、ウォーターサーバーを「天然水」という基準では無く、おいしさに基準を置くとどうなるでしょうか。水の味は、ミネラルバランスにあるということが知られています。こうした分類をすると、大きく分けて、また2つに分類されます。
1つ目は今まで説明して来ました「天然水」。2つ目は「ROろ過水」です。

 

では、「天然水」と「ROろ過水」 どちらが良いのか?と言う事になります。


その違いをこれから考えてみた。