私が日々感じる事。

心に残った事を集めてみました。きっと今の乾いた心にしみる何かがあるといいですが。

天然水とRO水は何が違うのか?

天然水とRO水は何が違うのか?

天然水」はイメージしやすいと思いますが、では「RO水」や「ROろ過水」とはどんな水なのでしょうか。これからご説明させて頂きます。

 

まず、「RO水」、「ROろ過水」は同義語で、一般的には「ROろ過水」と言われています。「ROろ過水」とは、その名の通り「RO膜(逆浸透膜)」というフィルターでろ過された水です。

 

「RO膜」は非常に細かく、限りなく不純物質を取り除き、純粋な水に限りなく近づけるため、「ピュアウォーター」と言われることもあります。塩素、カビ、菌、ウィルス、そして放射性物質まで除去します。ただ、ミネラルも除去されてしまいます。

 

ただ、水が美味しいと感じるのは、温度以外を除けばミネラルバランスです。と言う事は、最も美味しく感じるバランスでミネラルを配合すれば良いと言う事になります。実際、「天然水」は採水地によって味も異なります。これは「ROろ過水」でも同じことが言えます。

 

ウォーターサーバーで提供される水は「天然水」でも「ROろ過水」でも等しく、高い安全性が確立されている水の提供を目的としています。ですから、ウォーターサーバーを選ぶ際の基準をどこに置くかは個人差のある所です。

 

天然水のメリットとROろ過水のメリット

ウォーターサーバーを選ぶ際の基準をどこに置くかを明確にするために、 まずは「天然水」のメリットとデメリットと言う切り口で、「ROろ過水」との違いを見てみましょう。

 

天然水」のメリットは、採水地によって違いは有るものの、医学界でも注目される豊富なミネラルを含み、「ROろ過水」にはない深い味わいが「天然水」ならではと言えます。

 

天然水」のデメリットは、採水地が違えば成分も変わり、当然味も変わります。「天然水」と言っても、口に合わない人も出て来ます。

 

こうした中で、限りなく不純物質を取り除いた「ROろ過水」を好む人もいます。それは一般的に「ROろ過水」は「天然水」と比べると価格が安くなり経済的です。

 

味わいか、成分か、経済性か、このあたりが「天然水」 を選ぶか、「ROろ過水」 を選ぶかの決定的な選択の基準になって来そうですね。

 

今回は、納得出来る天然水ウォーターサーバーの選び方をご説明させて頂いていますので、最後に先程も出て来ました採取地によって味が違う「天然水」 についてお話をしておこうと思います。

 

天然水の採水地による違い

天然水」には採水地による違いがあります。天然水ウォーターサーバーとして提供されている代表的な採水地をあげてみました。

 

1つ目は、九州北部の内陸部に位置する大分県日田市。2つ目は、京都府北西部に位置する福知山市。3つ目は、静岡県御殿場市。代表的な「天然水」の採水地はには、有名なところで、この3つがあげられます。

 

それぞれの特徴は、
1つ目の「大分県日田市の天然水」は硬度62の軟水です。また、なめらかな喉ごしが特徴です。注目したいのは有機ゲルマニウムやシリカ(ケイ素)等のミネラル成分を豊富に含有しています。

 

2つ目の「京都府福知山市天然水」は硬度30の軟水です。ミネラル成分バランスもほどよく含有しています。

 

3つ目の「静岡県御殿場市天然水」は硬度25の軟水です。ミネラルバランスも優れ、バナジウムを豊富に含みます。

 

また、経済的な面での「ROろ過水」 との比較になると、
天然水」は「ROろ過水」と比較すると少し高くなりますが、一般的に「天然水」は、500mlで78円~80円前後の価格で提供されているようです。


比較検討される場合は是非、それぞれの価格もチェックされてみて下さい。